白内障 緑内障 症状 原因 対処方法

緑内障記事一覧

 緑内障では、色の見え方はどうなるのでしょうか。 また、緑内障でのやまぶしいというのはどういう症状なのでしょうか。 緑内障という病気がありますが、これは視神経に何らかの異常が発生し、目で見た情報が上手に脳に伝わりにくくなっています。 その結果、画像を認識することができない病気です。 緑内障は、日本で発生している失明原因の第1位となっている病気です。 患者数は40歳以降では20人に1人という非常に高...

 緑内障は、スマホでチェックできるのでしょうか。 緑内障という目の病気がありますが、ここ最近40歳を過ぎた人に大変多く見られるようになっています。 原因はさまざまなことが考えられていますが、その中の一つとして目の酷使による強度近視になります。 これは具体的にはどのようなことかというと、パソコンの画面上でこまかい作業を行ったりテレビやゲームやスマホなどの小さい画面を長時間見続けることになっています。...

 パソコンやスマートフォンなどが普及している今、ブルーライトが原因の緑内障という病気にかかってしまうこともあります。 今の時代、生活の中でブルーライトにふれることはかなり多いです。 誰ににでもあり得る病気なので、パソコンなどを使うときはUVを遮断するPCメガネをかけて、長い時間使用しないことが大切です。 緑内障の症状は40代を過ぎてから起こりやすくなり、主な症状は、視野が狭くなってしまったり、部分...

 緑内障になる原因として、パソコンが挙げられます。 長時間パソコンの画面を見ていると、疲労で眼圧が高くなり緑内障を引き起こすことがあると言えます。 このため、緑内障防止のために色々と対策を施す必要があります。 まず一つ目に挙げられるものとして、目を休憩させてあげることです。 パソコンを長時間操作した後は、しっかりと目の休憩を行ってみてください。 眼球に疲労がたまらないように、リラックスして過ごすと...

 緑内障のレーザー治療には、どのような効果と副作用があるのでしょうか。 その費用はどれくらいなのでしょうか。 緑内障は高齢者に多い目の疾患ですが、進行していくと視野が欠けていき、見えづらくなってしまいます。 こうした病気はゆっくりと進行していきますので、症状に気づいたら早めに治療を受け、悪化を防いでいきましょう。 緑内障の治療は初期の場合は、点眼薬などを利用し、眼圧を下げていきます。 一種類の目薬...

 緑内障の手術の成功率はどのくらいなのでしょうか。 また、痛みはあるのでしょうか。 緑内障手術の成功率については、一般的には8割前後であるとされています。 基本的に繊維柱帯切除術と呼ばれる治療法が一般的であり、これが大体8割前後の成功率となっています。 他にも医療レーザーを使用した治療もありますが、確率的にはほぼ同じくらいとなっています。 基本的には眼圧を下げる効果がありますが、1回の治療では時々...

 緑内障は妊娠や出産に影響するのでしょうか。 緑内障という目の病気がありますが、その発症年齢はさまざまです。 しかし40歳以降から年齢と共にそのリスクが高くなっています。 また最近では20代や30代での発症も多くなっています。 早い段階でこの病気が分かれば、進行を食い止めるための治療も早く行うことができるので、失明のリスクを回避することもできます。 実際にどのような治療法が行われているのかというと...

 緑内障の治療用目薬の使う順番は、どのようになっているのでしょうか。 目は、房水という液体から栄養分を吸収しています。 房水は、目に栄養分を与えた後は排出されていくのですが、この排出がうまくいかないと、目の中の房水がたまっていくことになります。 すると眼圧が高まり、それにより視神経が圧迫されることになります。 この視神経の圧迫により、視界の一部が欠けてくるようになるのですが、これが緑内障と呼ばれて...

 緑内障の目薬のアイファガンとは、どのようなものなのでしょうか。 高齢になると目の機能が衰えて老眼などの症状も出やすくなりますが、白内障や緑内障などの目の病気にも注意が必要です。 こうした目の病気は初期の頃はあまり症状が出ない、わかりにくいということもあり、気づいたときはかなり進行している場合もあります。 それゆえに特に症状を感じていなくても目の検診は定期的に行うことが大切です。 緑内障は少しずつ...

 緑内障の目薬の副作用でまつげが伸びたり、色素が沈着するのでしょうか。 緑内障は進行すると改善が難しくなりますので、症状に気づいたら早めに治療を行うことが大事です。 視野が欠けていても、両眼で補ってしまうので気づくのに遅れることがありますので、ある程度の年齢になったら定期的に眼科の検診を受けることがおすすめです。 緑内障と診断されても、すぐに手術ということは少なく初期の頃は目薬を利用してその進行を...

 緑内障の治療にはステロイドが禁忌と言われています。 と言うのも、ステロイドによって緑内障の症状が悪化するという研究結果が出ているからです。 そのため、アトピー治療などと並行して緑内障の治療を行う場合、治療薬に気をつける必要があります。 アトピー治療の一環としてステロイドが使われることが多くなっているからです。 当然、治療を始める前に、お薬手帳を参考にしたり、持病歴などを患者から聞いたりすることは...

 緑内障とは、何らかの原因で眼圧が高まり、目の内部の視神経を圧迫し、傷つけてしまうことにより視野が欠けていく病気です。 ただ、最近では眼圧が高くなくても緑内障になるケースが増えてきています。 いずれにせよ、一度欠けてしまった視野は現代の医療では、元には戻せません。 そのため、治療方法としては、これ以上の進行を防ぐため、眼圧が上がらないようにコントロールすること、また食事などの生活習慣に気を付けるこ...

 緑内障とは、眼圧が高くなることで視神経を圧迫し、損傷を受けた視神経が徐々に脱落し視野が狭くなっていく病気です。 慢性緑内障と急性緑内障があります。 慢性のものは、症状がかなり進行しないと自覚症状がなく、気付いた時には手遅れということもあります。 視野欠損が主な症状です。 しかし、人は普段両目を使って生活しているので、片目に違和感があっても、もう片方がカバーしているので気付かないのです。 急性のも...

 緑内障の目薬トラバタンズに副作用があるのでしょうか。 角膜と水晶体の間にある水分のことを房水と言います。 この房水は、目の内側から圧力をかけて眼球を保ったり、目に栄養を運んだりする役割を果たしています。 この房水が何らかの原因で排出されにくくなると、眼圧が上がって視神経が圧迫されます。 これを放置すると視力や視野に異常が出てくることがあり、この状態を「緑内障」と呼んでいます。 緑内障の治療目標は...

 緑内障とは、簡単に言えば視野が次第に欠けていき、見えなくなっていく病気のことです。 この『次第に』というのが本当に厄介で、日々少しずつ欠けていく視野に気付かない人も多くいます。 一度発症してしまうと症状は悪化していく一方で、最終的に失明してしまうのではないか、と心配される方も多いでしょう。 しかし、実は世間で思われているほど失明の危険性は高くはないのです。 というのも、早期発見をして正しく治療を...

 緑内障とは目に関する疾患の中でも特に有名なもので、日本での患者数も決して少なくはないです。 具体的には40代以上の約5〜7%程度が、この疾患にかかっていると言われています。 この数字は確認が取れている人数だけなので、潜在的な患者も入れれば更に人数が増える可能性もあります。 緑内障は眼球と脳を繋いでいる視神経に、何等かの異常が発生するのが原因となって発症します。 視神経は目から入った情報を脳に正し...

 緑内障による失明の確率はどれくらいなのでしょうか。 緑内障とは目に関する疾患の中でも有名なものの一つで、実際に発症している人も少なくないです。 日本では40代以上の5〜7%程度の人が発症しているとされていますが、潜在的な患者もいるので実際にはもっと多い可能性があります。 そもそも緑内障はどういった疾患なのかというと、眼球から脳へと伸びている視神経に異常が発生するというものです。 視神経は目から入...

 緑内障の治療で、途中で目薬をやめるのは危いのでしょうか。 緑内障を発症して眼科を受診すると、たいていは治療のための目薬を処方されます。 緑内障は視神経がダメージを受けて視野が欠けてしまう病気ですが、一度損傷を受けた視神経は元に戻りません。 眼科医の指示に従って毎日目薬を使用していても、視野が広がってくれるわけではないのです。 そのため毎日の点眼が面倒になると、目薬をやめたくなってしまう人がいるか...

 緑内障には、コンタクトレンズが関係しているのでしょうか。 緑内障とは、視野の欠損が現れる目の病気です。 これは網膜神経節細胞が死滅していることを指します。 死滅した細胞を元に戻すことはできません。 つまり、視野の欠損を回復させることはできないため、早期発見と早期治療が大変重要とされています。 しかし、視野の欠損はゆっくりと進行していく場合が多いため、初期の段階で気づく人は非常に少ないとされていま...

 緑内障の末期では失明してしまうのでしょうか。 視神経がダメージを受けて視野が欠けてしまう緑内障は、日本人の失明原因でも1位に挙げられています。 かつては白内障も失明率の高い病気でしたが、現在では手術によって視力を取り戻す例が増えています。 緑内障の場合、一度ダメージを受けてしまった視神経は元に戻りません。 治療が遅れて症状が進行してしまい、視野が大きく欠けてしまって視力を失う例も少なくないのです...

 目の中には房水と呼ばれる水が循環しており、血液の代わりに栄養素を運んでいます。 血管に対する血流の圧力は血圧と呼ばれますが、目に対する房水の圧力は眼圧と呼ばれています。 緑内障は目の奥にある視神経がこの眼圧によって損傷を受ける病気です。 一度損傷を受けた視神経は機能を回復できないため、緑内障で視力を失わないためにはどれだけ早く治療を開始して眼圧を下げられるかが鍵となります。 眼圧を下げるには点眼...

 緑内障でもコンタクトを使って大丈夫なのでしょうか。 緑内障というのは視神経の損傷によって視野が欠けてしまう病気です。 高齢者ほど発症しやすく、日本人の失明原因の1位に挙げられています。 放置していると怖い病気ですが、早い段階で気づいて眼科を受診し治療を行えば視力を維持できます。 緑内障の原因は眼圧の高さに視神経が耐えられなくなることにあります。 眼圧が平均値より高いケースと、正常眼圧でも発症する...

 緑内障で失明するまではどれくらい期間がかかるのでしょうか。 日本人が失明に至る原因としては、緑内障が糖尿病網膜症を上回って1位となっています。 かつては白内障も失明する確率の高い眼病でしたが、現在では手術での治療が可能となり、失明率は下がっています。 緑内障は視神経そのものが損傷を受ける病気で、一度損傷した視神経は手術をしても元に戻りません。 治療が遅れると視野の欠損がどんどん広がってしまうので...

 眼圧が高いというと、緑内障を思い出すことが多いのではないでしょうか。 緑内障は失明にいたることもある眼の病気です。 眼圧が上昇することで視神経が圧迫されてしまいそのために視野の一部が徐々に欠けていくようになります。 これが、緑内障の典型的な症状になります。 ただ、その症状にはほとんど自覚症状がないため、気がついた時にはかなり進行しているということもあるのです。 視野が欠けているのに気がつかないと...

 緑内障の進行速度は早いのでしょうか。 緑内障になると失明してしまうかもしれないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 緑内障は、様々な原因で視神経が障害を受ける病気です。 視神経に障害が発生すると、その障害の程度や範囲に従って、視野の一部が徐々に欠けるようになります。 この視野が欠けるのは、多くは周辺部から始まるようになるため、なかなか気が付かないということが多くなります。 また、片方の目で...

 「眼圧」という言葉を聞くと、あなたは何を思い浮かべますか? 多くの人は、緑内障と思うのではないでしょうか。 緑内障は、失明を引き起こす原因としては最も多い病気です。 眼の中は房水という液体で満たされており、適度に循環しています。 ところが、何らかの原因で房水の排出がスムーズにいかなくなり、内部の房水の量が多くなってしまうことがあります。  それによって、眼の内部の圧力(眼圧)が高くなってしまいま...

 眼圧が低いとどのよのような症状が出るのでしょうか。 眼圧が高いと、緑内障になり易いということは比較的よく知られているのではないでしょうか。 それは、簡単に言うと、このような理由になります。 眼圧が高い状態が続くことで、視神経が圧迫されて壊されてしまうようになります。 それによって、視野が欠け始めるようになり、放っておくと失明に至ってしまいます。 実際に失明する原因の第1位の疾患が緑内障とされてい...

 40歳以上の20人に1人が緑内障に罹っていると言われています。 あまり馴染みがないかもしれませんが、緑内障は誰でもが罹る可能性のある病気と言えるでしょう。 緑内障の発症原因の一つに、眼圧が高いことが挙げられます。 正常な眼圧は、10〜20mmHgとされています。 気になる場合には、眼科で検査をしてもらうのがいいでしょう。 その結果、この値より高い場合には、緑内障になる可能性が大きくなります。 た...

 緑内障になると、目の色が緑になるのでしょうか。 眼の病気には、その病名に色の名前が付いているものがあります。 代表的なものでは、白内障があります。 これは、水晶体が濁って、視力が衰えるようになる病気です。 白内障のなった水晶体は、文字通り白く濁っていることが多くなります。 まさに、病名通りの症状が現れるのです。 もう一つ、緑内障という眼の病気があります。 この緑内障は、眼圧が上昇することが原因に...

 一般的に、眼圧が高いと緑内障になりやすいと言われています。 それは、高い眼圧によって視神経が圧迫され障害を受けやすくなるからです。 視神経が障害を受けて視野が狭くなった状態が緑内障になります。 しかしながら、この視神経が障害を受けるのは、眼圧が高い場合とは限りません。 現在では、眼圧が正常範囲内であっても緑内障になる「正常眼圧緑内障」が緑内障全体の9割を占めていると言われています。 このことから...

 あなたは、「正常眼圧緑内障」を知っていますか? これは、文字通り、眼圧が正常な状態での緑内障です。 緑内障は、眼圧が高くなると発症すると思っているいる人が多いかもしれません。 しかしながら、緑内障全体の約90%は、正常眼圧緑内障と言われています。 ということは、緑内障は眼圧以外の原因で起こることがはるかに多いということになってきます。 「緑内障=高眼圧」ではないんですね。 何とも、今までの常識(...

 20代の緑内障は失明しやすいのでしょうか。 緑内障は、比較的高い年代に起こるとされている病気です。 40歳以上では、20人に1人が緑内障になっていると言われています。 これは、多くの病気で言えるのですが、好発年齢といってその病気を発症しやすい年齢というものがあります。 しかし、それ以外の年齢で発症しないということではありません。 10代や20代あたりの若い人でも緑内障になることがあるのです。 で...

 先天性緑内障の症状とは、どのようなものなのでしょうか。 緑内障は、その多くは中高年で発症するようになります。 特に、40歳以降の20人に1人は緑内障にかかっていると言われています。 しかしながら、子供にも発症する緑内障があるのを知っているでしょうか。 これは、「発達緑内障」とよばれるものです。 発達緑内障では、眼の隅角に発達異常があり、それによって眼圧が高くなって視神経に障害が起こるようになりま...

 サラリーマンを始め、一般企業や官公庁などに勤めている人では、毎年健康診断を受けるようになります。 健康診断では、血圧や血液検査を始め、胸部X線、胃カメラなどの検査が行われています。 勿論、年齢や性別によってその診断項目は変わってきます。  そのなかで、眼底検査が行われることもあります。 健康診断の結果、異常があったり、要再検査状態の場合には、専門病院での再検査をするようになります。 眼科での再検...

 緑内障は将来的には完治するのでしょうか。 現在、緑内障に罹っている人はとても多くなっています。 特に、40歳以上の20人に1人は既に緑内障になっていると言われています。 緑内障は、従来では眼圧の上昇によって視神経が圧迫されて障害を受けることで発症すると言われてました。 しかしながら、現在では眼圧が正常範囲内であっても緑内障になってしまう「正常眼圧緑内障」が大部分を占めているとされています。 これ...

 子供の緑内障の症状と治療は、どのようになっているのでしょうか。 緑内障というと、大人の病気と思っている人が多いのではないでしょうか。 確かに、40歳以上の20人に1人は緑内障に罹っていると言われているほど、中高年の大人に多い病気です。 しかしながら、子供でも緑内障に罹ることはあります。 子供に見られる緑内障は、「発達緑内障」と呼ばれています。 この緑内障は、目の発達障害によって眼圧が上がってしま...

 現代社会では、仕事でパソコンを使うのは当たり前です。 むしろ、パソコンなしで仕事をする方が難しい状況にもなってきています。 ただ、その一方で長時間パソコンに向かって仕事をすることで身体の不調を訴えることも増えてきています。 例えば、画面を見続けることによる目の疲れや同じ姿勢を取り続けることによる肩こりなどが挙げられます。 目の疲れに関しては、眼圧の上昇を招くこともありそれによって緑内障になりやす...