白内障 手術後 目薬 眼帯 いつまで

白内障の手術後!目薬や眼帯はいつまで?

 白内障の手術後では、目薬や眼帯はいつまで必要なのでしょうか。

 

 目の白内障の手術後に目薬や眼帯を使用するように医師から勧められることがあり、これを数日使い続けることで完治させていきます。
 そこでこれらは基本的にいつまで使用すれば良いか、順番に説明をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

 最初は目薬について説明となりますが、こちらは白内障手術後から1ヶ月から3ヶ月前後が一般的な流れとなります。
 目薬を使用する理由として、手術後は目が充血したり目がかすむといった症状が出やすくなっている傾向があります。

 

 それらの症状を予防するために使用していくので、その期間が大体1ヶ月から3ヶ月前後となります。
 この期間については個人差があるため、自己判断で勝手に日数を決めてはいけないのが注意事項となっています。

 

 治療後は眼科に通院するので、医師の判断によって期間が決まっていくことが多いです。
 そこで医師から正式に使用しなくて良いと告げられた場合において、初めて目薬での治療が完了することになります。

 

スポンサーリンク

 

 白内障手術後において目薬や眼帯を使用することがあり、症状によってその期間が大きく異なっています。
 そこで2つめに眼帯はいつまで使用すれば良いか調べていくと、一般的に手術後当日は付けていなければならないことが多いです。
 白内障の手術では目の角膜を治療することになるため、光に対して敏感になっている状態となっています。

 

 基本的に手術翌日に外すことが多いですが、これは自己判断で外すのではなく眼科を再度受診した時に外していきます。
 そこで医師の診断によって特に問題ないと判断された場合において、眼帯を正式に外すことが可能となります。
 また眼帯を付けている間については、なるべく目をこすったりして傷つけないように注意が必要です。

 

 目を刺激することによって細菌などが入ることがあるため、着用期間中においては無闇に触れないことが大切です。
 さらに病院によっては入院設備が整っていることがあるため、患者が希望をすれば1泊2日で一時的に入院することも可能です。

 

スポンサーリンク