緑内障 妊娠 出産

緑内障!妊娠や出産に影響は?

 緑内障は妊娠や出産に影響するのでしょうか。

 

 緑内障という目の病気がありますが、その発症年齢はさまざまです。
 しかし40歳以降から年齢と共にそのリスクが高くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 また最近では20代や30代での発症も多くなっています。
 早い段階でこの病気が分かれば、進行を食い止めるための治療も早く行うことができるので、失明のリスクを回避することもできます。

 

 実際にどのような治療法が行われているのかというと、基本的には進行を食い止めるというような対症療法のみとなっています。
 しかし治療を続けることで症状が悪化すると言うことが無く安定してくる病気です。

 

 また女性の場合に気になるのが、緑内障で妊娠や出産が可能かどうかという点です。
 治療の際にはいくつかの制約や決まり事があるので、できれば避けておいた方がいいというのが現状です。

 

 なぜ避けておいた方がいいのかというと、緑内障は遺伝する可能性が高いと言われているからです。
 したがって妊娠や出産をした場合、子供に受け継がれるという可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、必ずしも100%遺伝すると言うことではありません。
 ここで気をつけなければいけないのは、治療の際に点眼薬を使っている点です。

 

 点眼薬の副作用の心配があり、妊婦にはとくに使用しない方がいいと言われているような成分も含まれています。
 このような場合は必ず医師に相談をするようにします。

 

 決して自分一人で判断をしないようにすることが大切です。
 妊娠していても使うことができる薬もあるので、医師に相談することが大切です。

 

 また出産後に遺伝をするという可能性も100%ではありません。
 しかし赤ちゃんがかかる緑内障というものも存在するので、出産後に検査をしておくようにします。
 先天性の場合にはいつ発症するか分かりません。

 

 また赤ちゃんの場合には言葉を発することができないので自分で判断できません。
 したがって検査も定期的に受けて確認することが必要となります。
 毎日の生活の中で目の状態を確認するという習慣を付けることも大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

緑内障!色の見え方やまぶしい症状とは?
緑内障!スマホでチェック?
緑内障の検査パソコンを使っている時間に注意
緑内障!原因はパソコン?
緑内障!レーザー治療の効果と副作用、費用は?
緑内障の手術!成功率は?痛みはあるの?
緑内障!治療用の目薬と使う順番は?
緑内障の目薬!新薬のアイファガンとは?
緑内障!目薬の副作用、まつげの伸びや色素沈着とは?
緑内障!ステロイドは禁忌なの?
緑内障では気になる治療と食事は?
緑内障の予防!食べ物と運動とは?
緑内障の目薬・トラバタンズの副作用とは?
緑内障の早期発見に役立つOCTとその見方について
緑内障かもしれません!眼圧の正常値はどのくらいですか?
緑内障による失明の確率はどれくらい?
緑内障の治療!途中で目薬をやめるのは危険?
緑内障の原因にコンタクトレンズは関係あるの?
緑内障の末期では失明するの?
緑内障が遺伝する確率はどれくらい?
緑内障でもコンタクトを使って大丈夫?
緑内障で失明するまでの期間はどれくらい?
眼圧が高い時の症状は?
緑内障の進行速度は早いのか?
眼圧が高い時の自覚症状は頭痛?
眼圧が低いとどんな症状が出るの?
眼圧を下げるには運動が効果的?
緑内障だと目の色が緑になるの?
眼圧が高いのはコンタクトのせい?
正常眼圧緑内障でも失明するのか?
20代の緑内障は失明しやすい?
知らないと怖い先天性緑内障!その症状とは?
緑内障の疑いありは経過観察でいいの?
緑内障は将来、完治するようになるのか?
子供の緑内障は要注意!?その症状と治療は?
緑内障だとパソコンを使う仕事は辞めるの?