白内障 手術費用 片目 両目

白内障の手術費用!片目と両目でどう違う?

 白内障の手術費用は片目と両目でどのくらい違うのでしょうか。

 

 眼科で行なわれる白内障手術では、患者の症状によって片目だけと両目共手術するかが異なっています。
 これらの手術費用における違いについて説明をしていくと、一般的には3割負担で片目につき4万5千円前後かかることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

 これは保険証を所有している方が対象となり、白内障の治療において保険適用がされます。
 法律で保険証を所有していれば、治療費の負担が3割で済むと定められています。

 

 従って、片目だけの手術であれば、手術費用については4万5千円ほどという計算になります。

 

 両目の手術を行った場合においては、2倍の9万円近くの費用が必要となっています。
 これはどこの眼科でも共通している金額となっており、平均的な相場となっています。

 

 また普通の方であれば保険証を持っていることが多いため、このような費用で利用出来ることが多くなっています。
 従って、白内障の手術費用として、一般的には4万5千円から9万円が相場となります。

 

スポンサーリンク

 

 一般的に白内障の手術費用については、保険適用によって片目につき4万5千円が相場となっています。

 

 しかし中にはこれが1割負担となるケースもあり、その場合には1万5千円という低価格で利用が可能となっています。
 これについては一部条件がありますが、一般的に70歳以上の高齢者が該当する場合が多くなっています。

 

 法律では70歳以上の高齢者の場合には、医療費が通常の3割負担から1割負担に変化することが多いです。
 そのため片目の手術費用につき1万5千円で利用可能となっており、両目の場合には9万円ではなく3万円で治療が受けられます。
 3割負担に比べて最大で6万円の差があるため、両目の手術をする時には大きな金額の差となります。

 

 なお金額の差と白内障の症状の重さについては、特に大きな関係があるものではないのがポイントです。
 あくまでも1回の手術にかかる費用となっているため、症状の重さについては要因とならないことが多くなっています。

 

スポンサーリンク