白内障 手術後 ドライアイ

白内障の手術後にはドライアイになりやすい?

 白内障の手術後にはドライアイになりやすいのでしょうか。

 

 加齢に伴って人間は様々な病気を発症しやすくなってしまいますが、高齢者に多く見られる病気の一つとして白内障があります。

 

スポンサーリンク

 

 人間の眼の中には水晶体と呼ばれるカメラでいうレンズの役割をする器官があります。
 この水晶体が白く濁ってしまい、うまく物が見えなくなってしまうのが白内障です。

 

 40歳を過ぎた辺りから発症する人もいて、必ずしも高齢者にだけ見られる病気ではありません。
 この病気の厄介なところは、発症してしまうと薬やどんな対策を行っても症状が良くなることが無いということです。

 

 予防をすることは可能ですが、発症してしまった場合には手術によって治療を行う必要があります。
 医療技術の進歩によって、現在では手術さえしてしまえば失明してしまうようなことはありません。

 

 手術そのものも短時間で終わることが多く、医療機関によっては日帰りで手術を行うことも出来るようになっています。
 もし白内障だと感じた場合には、怖がらずに手術を受けて治療するのが大事です。

 

スポンサーリンク

 

 手術そのものは簡単で日帰りも出来るようになっている白内障ですが、手術後は以前とは違って注意しなければならないこともあります。
 その一つとしてドライアイがあります。

 

 いくら以前と同じように見えるようになったとはいえ、手術後はどうしても水晶体は以前と全く同じ状態になるというわけではありません。
 白内障とドライアイは密接な関係にあるとされており、手術後はドライアイに対するしっかりとしたケアを行う必要があります。

 

 ドライアイとは涙の量は減少してしまい、眼球の保護機能が低下してしまう状態のことです。
 眼球が傷つきやすくなってしまうだけではなく、感染症などにかかるリスクも増加してしまいます。

 

 ですが、ドライアイは十分に対策が可能な症状でもあります。
 もっとも簡単で誰でも出来る対策としては目薬があります。

 

 眼球が乾いてしまうことで起きる問題が多いので、目薬を使うことでその症状を緩和することが出来ます。
 部屋の乾燥もドライアイに影響するので、部屋の湿度管理も対策の一つとして有効です。

 

 次の記事はこちらです。
 白内障と手術後のめまいについて

 

スポンサーリンク