白内障 手術後 ピント 見えない

白内障の手術後!見えない状態にならないためのピント調整とは?

 視界全体が白く霞んで見えにくくなってしまう症状が白内障です。

 

 発症前は普通に本を読めていた人が、発症してしまうと本を読むのも一苦労、ということになってしまいます。
 普段は見えて当たり前の生活ですが、その当たり前ができない、ということは非常に大きなストレスになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 そういった症状から回復するためには、目薬によって進行を遅らせるか、手術によって濁ってしまった目の部位を取り除く必要があります。

 

 一刻も早く手術をしなければいけない病気ではないため、手術の時期は医師と相談して生活に支障がないタイミングにするべきです。

 

 手術では、目の中にある水晶体を取り除き、代わりに人工のレンズを挿入します。
 人間の目は水晶体の厚みを変えてピント調整して遠くのものや近くのものを見ています。

 

 しかし、手術をして水晶体を取り除くと遠近感を調整する機能を失ってしまいます。
 これにより、手術後は近くの文字が読めず読書に困ったり、テレビ画面の文字が読みづらい、ということになってしまいます。

 

 白内障の手術によって遠近感調整機能が失われ、結果的に手術後は以前のように物が見えないということを防ぐために2つのレンズによって視力を調整します。
 1つは眼内レンズの度数です。

 

スポンサーリンク

 

 普段の生活から考えて、裸眼の状態で何メートル程度にピントを合わせると最もストレスがないかと手術前に医師と相談して決めます。
 例えば、パソコンを使うことが多かったり、読書をすることが多い人は近くの物が見えるように調整します。

 

 また、普段からいつも運転をしていて、遠くを見ることが多い人は逆に遠くにピントを合わせるように調整します。

 

 しかし、それだけでは近くの物に合わせた人は遠くが、遠くの物に合わせた人は近くが見えない、ということになってしまいます。
 そこで2つ目のレンズによって調整します。

 

 一般的なメガネです。
 近くにピントを合わせた人は、近視の状態なので、遠くを見るときだけ近視の人がかけるようなメガネをつけます。

 

 遠くにピントを合わせた人は、近くの物を見るときだけ老眼鏡のようなものをつけます。
 こうする事で白内障手術後も一般的な見え方になります。

 

スポンサーリンク