白内障 手術後 めまい

白内障と手術後のめまいについて

 

 白内障の手術後にめまいが起きるのでしょうか。

 

 白内障とは目に関する疾患の中でも特によく知られているもので、目の中の水晶体という器官に異常が発生します。

 

スポンサーリンク

 

 水晶体は眼球のほぼ中央にある器官で、カメラのレンズに当たる部分のことです。
 目に入ってくる情報のピントを合わせて吸収して、網膜へと伝える役割をする大切な器官になります。

 

 水晶体はタンパク質や水分等で構成されているのですが、何等かの理由によってこのタンパク質の粒子が大きくなる場合があります。
 その結果として水晶体の中に白く濁った部分が出来てしまい、物を見る時に支障をきたしてしまうようになります。

 

 これが白内障と呼ばれる疾患で、若い人よりも比較的年配の人に発症するケースが多いと言われています。
 それはタンパク質の粒子が大きくなる一番の要因が加齢だからで、他にも糖尿病や薬の副作用で発生することもあります。

 

 放置を続けると症状が悪化していくことが多いので、違和感に気付いたら出来るだけ早めに病院を受診するのが望ましいです。

 

スポンサーリンク

 

 白内障を発症した場合に現われる症状としては、視界がぼやける、物が二重三重に見える、視界が眩しく感じる等が挙げられます。
 状態が進行すると視力低下を招く場合もあり、やがては緑内障等を併発してしまう可能性も出てきます。

 

 病院で行なわれる治療方法は手術が基本となっていて、きちんと手術を受ければ治すことが可能となっています。
 水晶体の中にある濁った部分を取り除いて、目からの情報が綺麗に網膜まで伝わるようにする手術を行ないます。
 この手術を受けると水晶体がクリアになるので、手術後は今の段階で可能な最高の視力となります。

 

 ちなみに中には、白内障の手術後にめまいを感じるようになったと訴える人もいますが、これは珍しいことではないです。
 手術を受けて視力が上がることで左右の視力のバランスが崩れることがあり、これによって手術後にめまい等の症状が現われることがあるのです。

 

 めまいという症状はとても不快な症状なので、速やかに病院に相談して対処してもらうのが理想的だと言えます。

 

 次の記事はこちらです。
 白内障の手術後に頭痛が起こることがありますか?

 

スポンサーリンク