白内障 手術後 ぼやける

ぼやける白内障の手術後は?

 インターネットが発達し、現代人は子供から大人まで目を駆使することが多くなりました。

 

 目というのは体の中でも非常にデリケートな部分です。

 

 物がぼやける、霞んで見えるなど、違和感を感じたらすぐに病院に行くべきです。

 

スポンサーリンク

 

 白内障という病気を一度は耳にしたことがあると思います。
 では、白内障と縁内障の違いは知っていますか。

 

 縁内障というのは次第に視野が欠けていく病気です。
 この病気は房水という眼内の水分の圧力が高まって視神経に異常が起こるのが主な原因だと言われています。

 

 緑内障の症状としては初期では視野の中心から少しはずれたところから欠け始め、中期になると暗点が広がっていき、より鼻側の視野も欠けていきます。

 

 末期になると、文字が欠けて見えたり、テレビ画面の一部が欠けて見えたり、ぼやける、人によくぶつかるなどの症状が見られます。

 

 治療法として、目薬を使用する方法が一般的です。
 目薬で効果が得られない場合はレーザー手術や切開手術を行います。
 手術後はわりと早く退院できるようです。

 

 白内障は目の水晶体が白く濁ってくる病気です。
 白内障の多くは加齢によるものだと言われています。

 

スポンサーリンク

 

 しかしその他にも、先天性や外傷性、アトピー、糖尿病など代謝性の病気、薬剤や放射線によるものもあります。

 

 初期の症状としては見が霞む、ぼやける、見えにくい、物がだぶってみえたり、光が異常に眩しく感じたりします。

 

 晴れた日の屋外がすごく眩しく感じたり、車の対向車のライトが眩しく感じたりもします。
 また、遠くが見えにくくなるので近視が進んだように感じることもあります。

 

 治療法としては、まず目薬で進行を遅らせながら様子を見ます。
 手術は必ずしなければならないということはありませんが、一般的ですね。

 

 水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入します。
 手術後、状態が安定するまで多少の時間がかかります。

 

 また、手術後は傷口が完全にふさがっていないので目をおさえずに、きちんと保護しましょう。
 加齢以外にも原因があるので自分はならないと思い込まずに目に注意を払って日常を送りましょう。

 

スポンサーリンク