白内障 手術後 眼圧上昇 点眼薬

白内障の手術後!眼圧上昇時の点眼薬での治療とは?

 

 白内障の手術後、早期に眼圧上昇することがあります。

 

 点眼薬が効果があることが知られていますが、どんなふうに使えばいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 まず、白内障の手術を受けた後、症状が安定するには数週間を要します。
 いくら簡単な手術だとはいえ、目にメスを入れるのですから、術後のケアはしっかり行いましょう。

 

 手術後は必ず医師の指示に従って定期的な通院や投薬を怠らないでください。
 手術後には目に異物感があったり、光がまぶしく感じる、涙が出るなどの症状があります。

 

 しかし、症状は数日〜1,2週間で次第におさまってきます。
 目を保護するためにも適切な目の保護、すなわち眼帯をして目を守る、サングラスをかけるなどの予防策は行いましょう。

 

 このように白内障は身近な病気ですが、自分自身のケアが非常にものをいう病気でもあります。
 また、手術後には視力が変わりますので、今まで使っていたメガネが使えなくなることもあります。

 

 新しい眼鏡を作るのは、視力が安定してくる3か月後以降が望ましいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 さて、手術後のトラブルには眼圧上昇、角膜浮腫、虹彩炎などがあります。
 眼圧というのは文字通り目にかかる圧力なのですが、普通重いものを持ったり、息を止めて力んだりした時に目の血管が膨張します。
 これが「眼圧」の高い状態です。

 

 同じように手術後も目の炎症によって目の中の血管が詰まり、一時的に眼圧上昇が引き起こされることがあります。
 このような場合、頭痛、吐き気、目の鈍痛などが起こりやすくなります。

 

 そのような場合には点眼薬や、飲み薬で炎症を抑えることができるので、しっかりと服用することが肝心です。
 適切な手当てをすれば、数日で症状は軽快します。

 

 点眼薬を用いる際に注意すべき点は、感染防止のために必ず手を洗うことです。
 薬に細菌が混入して違った感染症を引き起こす場合があります。

 

 また、顔を洗った際に汚れたタオルで顔を拭かないこと、埃っぽいところへ行かないことも大事です。
 ただし、眼圧上昇が点眼薬をつづけても改善しない場合は、緑内障の可能性もあるので注意してください。

 

スポンサーリンク