白内障 手術後 飲酒 運動

白内障の手術後!飲酒や運動は大丈夫?

 白内障の手術後に飲酒や運動は大丈夫なのでしょうか

 

 通常、白内障の手術後は日常生活に一部制限がかかることがあり、その一環として飲酒や運動ができなくなることがあります。
 これらの習慣について、主にどれくらいの期間の制限を受けるのかお話していきます。

 

スポンサーリンク

 

 1つめに飲酒をしてはいけない期間についてですが、白内障手術当日は基本的に避けた方が良い習慣となっています。
 理由として手術後にアルコールが体内に入ると、治療時における痛みが増加してしまい症状が悪化することがあります。

 

 このため、水分補給をしたい場合には、お酒ではなく水などを使用していくようにしましょう。

 

 一般的には禁酒は、手術当日となっていますが、より安全に通院をしたい場合においては数日は様子を見た方が良いです。
 アルコールについては体を興奮させてしまう作用があるため、治療効果を遅らせてしまうことがあります。

 

 このため、完全に目の症状が落ち着いてから飲酒をすることが、より確実に眼科で治療を進めることが出来るようになります。

 

スポンサーリンク

 

 白内障の手術後における飲酒については当日我慢すれば良いですが、その一方で運動についてはどれくらい制限を受けるかお話していきます。
 運動やスポーツについての制限については、手術後から1週間は様子を見た方が良いことが多いです。

 

 理由については治療後から1週間前後が眼に細菌が入りやすいため、この期間中は運動などは控えた方が良い傾向があります。
 社会人の方でこういった環境で仕事をしている場合においては、休職をして休養を取ることが重要となっています。

 

 また水泳やダイビングといった水中に入る運動については、1週間ではなく2週間は様子を見た方が良いです。
 プールや海では塩素や塩が含まれているため、その影響を眼が受けることによって痛みを感じてしまうことがあります。

 

 期間を守らないと炎症が起こってしまうので、この日数については必ず守るようにすることが重要となっています。
 基本的には1週間となっていますが、水泳やダイビングをしている方は2週間は我慢することが必要となります。

 

スポンサーリンク