白内障 手術後 後遺症 まぶしい 保護メガネ

白内障の手術後!後遺症でまぶしいときは保護メガネ?

 白内障の手術後にまぶしいときは保護メガネが必要なのでしょうか。

 

 普段生活する上では、物を見る事は欠かせません。
 運転する時、テレビやパソコンを見る時、勉強する時、本を読む時、など視力を気にする場面も数多く存在します。

 

スポンサーリンク

 

 そして、そういった時に見えにくいと感じる時は非常にストレスとなってしまい、本来であれば楽しい時間でも苦痛の時間にかわってしまいます。

 

 単純に視力が悪くなっているのであればメガネやコンタクトレンズをつければ解決しますが、場合によってはそれらを使っても解決しない場合があります。

 

 例えば、普段よりも白く霞んで見えたり、昼間は異常にまぶしい、と感じたりした場合は白内障である事を疑うべきです。
 そうした時には眼科の医師の診断のもと、治療を一刻も早くすべきです。
 今の医療技術であれば、日帰りの手術で治療する事が可能です。

 

 手術では眼内の白く濁ったレンズを取り出し、人工レンズを入れます。
 手術後は多少の後遺症はありますが、一般の見え方とほぼ同じように見える状態にまで回復します。

 

 物事を行う時には、見るといった事は欠かせないことです。
 人間の感じる感覚のほとんどは視覚だと言われています。

 

 その視覚は日常生活を送るうえで非常に重要なものですが、目の異常を感じる事は生活に大きな影響を及ぼします。

 

スポンサーリンク

 

 視界全体が霞んで見える症状が白内障ですが、これは手術によって治療が可能です。
 手術後はほぼ一般の見え方と同じになりますが、後遺症もあります。

 

 後遺症の一つに、光に対してまぶしく感じる事です。
 例えば、昼間の太陽がまぶしすぎて他の物が見えにくくなってしまう事です。
 同様の事が夜の車のライトを見た時にも起こります。

 

 そういったまぶしさから身を守るために、保護メガネがあります。
 過度にまぶしい、と感じる事が抑えられ、日常生活をストレスなく送る事が可能になります。

 

 後遺症の二つ目に、遠近感がつかめなくなる事があります。
 これは遠近感の調整機能を失うためです。

 

 これはメガネやレンズの強さによってピントを調整する事が可能です。
 保護メガネや視力調整のメガネによって白内障の手術後も発症前と同じように生活する事が可能です。

 

スポンサーリンク