白内障 目薬 カリーユニ 処方

白内障の目薬!カリーユニを処方されると...

 白内障の目薬のカリーユニは、どうなのでしょうか。

 

 白内障の症状を訴える人がいますが、治療の際には手術が行われたり目薬が処方されることがあります。
 また予防するための薬もいくつかあります。
 とくに多くの人が使うことになるのが目薬になりますが、そのなかでカリーユニと呼ばれる薬があります。

 

スポンサーリンク

 

 この薬は病院で処方されることが多くなっていますが、長期間服用しても副作用がほとんど起きないというような特徴があります。
 非常に安全な薬となっています。
 少し前にはあまり効果がないとされていましたが、現在では多くの病院で処方されています。

 

 白内障の原因の一つとして考えられるのは加齢です。
 また年齢を重ねるごとに症状が進行していきます。
 進行の早さは個人によって差がありますが、間違いなく悪化していくことにかわりはありません。

 

 しかし目薬を使うことで症状が改善します。
 手術をして症状を改善するという人もいますが、薬を使うことで手術を回避することもできます。
 使用するときには医師の指示にしっかりと従うことが大切です。

 

 カリーユニは初期の老人性白内障による視力低下の進行を遅らせることができる薬となっています。
 目のレンズの水晶体が白く濁って光の通し方や屈折が悪くなることにより、視力の低下を引き起こしてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 しかしこの薬にはピレノキシンという有効成分が配合されています。
 この有効成分が眼球の水晶体の水溶性タンパクが変性して不活性化するのを阻害して、水晶体が白く濁るのを抑制してくれるのです。

 

 この薬を使うときには注意が必要です。
 それはまだ視力が保たれている状態で使うという点です。
 症状が悪化し日常生活に困難を感じるようになれば、手術での治療が必要になります。

 

 この目薬の使い方は、まずよく降ってから1回に1滴から2滴を使います。
 これを1日に3回〜5回行います。

 

 症状によって用量や用法が異なりますが、基本的には1滴点眼した後はゆっくりと目を閉じて、まばたきをせずに1分間ほど目を閉じておくと効果的です。
 点眼の際には容器の先が目に付かないように注意をします。

 

スポンサーリンク