眼底検査 白斑 原因 治療

眼底検査で白斑と言われたら?その原因と治療は?

スポンサーリンク

 

 白斑というと、皮膚の一部が白くなってしまう病気を思い浮かべるかもしれません。
 しかし、眼底検査によって白斑と言われた場合には、全く意味合いの違ったものになります。

 

 眼の病気としての白斑は、網膜にできるものです。
 大きく軟性と硬性の2種類に分けられます。

 

 この両方共、その原因としては、高血圧や糖尿病などとされています。
 症状としては眼に現れるのですが、元はと言えば全身疾患が原因となっているものです。
 いわば、高血圧や糖尿病などの合併症と言えるものになります。

 

 糖尿病でもそうですが、白斑の場合にもその自覚症状が少なく、健康診断や人間ドックなどの眼底検査で初めて見つかることが多くなっています。
 進行すると、視力低下などを招くようになってきます。

 

 糖尿病には、この他にも神経障害や腎臓障害などの合併症がよく知られています。
 これらもその自覚症状が少ないため、気がついた時にはかなり進行しているということが多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 糖尿病網膜症という合併症がありますが、この白斑もその一つと考えられます。
 日頃から、高血圧などに注意しておくことが白斑などの病気を防ぐためには大事になってくるのです。

 

 軟性タイプの白斑では、その原因は主に糖尿病による網膜の血管に詰まりが起こることとされています。
 血管の詰まりによる血流不足で目に必要な酸素や栄養が届けられなくなります。
 その結果、視力低下を引き起こし、やがて網膜剥離に進行して失明する怖れもあります。

 

 硬性タイプの白斑も、糖尿病などが引き金になって起こるようになります。
 ただ、網膜の血管が詰まるのではなく、血液や脂肪などが漏れることによって起こるようになります。
 漏れ出した血液や脂肪などが網膜に沈着するようになります。

 

 初期の状態であれば、血圧や血糖値などを改善することで回復させることも期待できるようになります。
 しかし、進行してしまうと手術等での治療になるため、治癒するのが困難なこともあります。

 

 いずれにしても、眼底検査で白斑と言われたら、必要な治療を受けることが大事になります。
 さらに、生活習慣を見直して、高血圧や糖尿病などを改善するようにしましょう。

 

 勿論、日頃から、高血圧などの傾向がある場合には、食生活などに気をつけることが必要になってきます。

 

 次はこちらの記事です。
 視界に黒い影が見えるのは目の病気かも?

 

スポンサーリンク