視界に黒い影が見える 目 病気

視界に黒い影が見えるのは目の病気かも?

スポンサーリンク

 

 最近、視界に黒い影が見えるようなことはありませんか。

 

 疲れやストレスが溜まっていたりすると、目が疲れて何かが見えるようなことがあるかもしれません。
 そのような場合には、ゆくっりと休養をとってみるといいでしょう。

 

 しかし、しっかりと休んだにもかかわらず、相変わらず黒い影が見えるような場合には、目に何らかの病気が起きているかもしれません。

 

 そのような症状が起きる病気に「飛蚊症」があります。
 飛蚊症は、視界に黒い影のようなものが動いて見えるような症状です。
 その影は虫のように見えることもあり、ちょうど蚊が飛んでいるような状態にもなることから飛蚊症と呼んでいます。

 

 飛蚊症の原因としては、目の構造自体に起因しているものと目に異常が起きているものがあります。

 

スポンサーリンク

 

目の構造自体に起因しているもの

 目の中は、硝子体という透明な物質があります。
 その硝子体の内部を光が通って網膜に像を結ぶようになるのですが、硝子体の内部に歪みや濁り等ができるとその陰が網膜上に映るようになります。
 それが黒い影となって見えるようになるのです。

 

 硝子体が動くことでその影も動いて見えるようになります。
 そのことでも蚊が飛んでいるような感じにも見えるのです。
 影の形には色々なものがあり、その数も一つだけでなく複数になることもあります。

 

 また、硝子体の一部が網膜から剥がれるようになると、その部分が黒い影となって見えるようになることもあります。

 

目に異常が起きているもの

 飛蚊症を引き起こす病気としては、網膜剥離があります。
 網膜は、眼に入った光が像を結ぶところです。
 それが剥がれることで正しい像ができず、黒い影のようになって見えるようになります。
 視力の低下を伴うことが多く、場合によっては失明する恐れもあります。

 

 このような視界の中に黒い影が動いて見えるような場合には、飛蚊症の可能性が大きくなってきます。
 一度、眼科で診察を受けてみることが大事になります。
 症状によっては、失明に至ることもあるので注意が必要になってきます。

 

 次はこちらの記事です。
 目の中にギザギザが見えるのは病気なの?

 

スポンサーリンク